Top >  糖尿病の予防と治療 >  糖尿病とインスリンというホルモンの働き

スポンサードリンク

320kcalに統一された、ニチレイの糖尿病食
和・洋・中から選べる豊富なメニュー25食は「しっかりとした味付け」と「ボリューム感」が好評!

発酵月桃茶「月の桃」
ショウガ科の沖縄産植物「月桃」から抽出されるお茶はハーブティー感覚で。血圧や血糖値が気になる方の健康維持に!

糖尿病とインスリンというホルモンの働き

インスリンというホルモンとの関わり方によって、糖尿病は1型糖尿病と2型糖尿病の2種類に分けられます。

1型糖尿病は膵臓から分泌されるインスリンがほとんど出なくなる糖尿病で、インスリン依存型糖尿病とも呼ばれています。

2型糖尿病はインスリンの量が少ない、または量はあるのに作用が弱くなっている状態で、ブドウ糖のエネルギー処理がスムーズに出来なくなるために起こります。

糖尿病とえばインスリンが深く関係しているのですが、インスリンは膵臓で作り出されるホルモンで、身体の細胞が血液の中からブドウ糖をエネルギーとして利用する際の手助けをしています。

インスリンの作用が不足するとブドウ糖をエネルギーとして利用できなくなります。そして血液中のブドウ糖濃度の血糖値が高くなってしまいます。高血糖になり、継続して高血糖になってしまう状態が糖尿病です。

インスリンの作用不足の原因として考えられるのは、膵臓のインスリンを作る出すインスリン分泌能力の低下、インスリンに対する細胞の感受性の鈍化などがあげられます。







スポンサードリンク

320kcalに統一された、ニチレイの糖尿病食
和・洋・中から選べる豊富なメニュー25食は「しっかりとした味付け」と「ボリューム感」が好評!

発酵月桃茶「月の桃」
ショウガ科の沖縄産植物「月桃」から抽出されるお茶はハーブティー感覚で。血圧や血糖値が気になる方の健康維持に!

 <  前の記事 1型糖尿病とは?  |  トップページ  |  次の記事 2型糖尿病とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4295

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「糖尿病を知る!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。